我々は2つの相反する概念の間に隠された美しさを見いだします。
人々それぞれの美しさがあることが示すように、美しさは決して一つの基準だけではなく
常に矛盾し不安定な存在も美しいと考えています。
我々の作る洋服を身に纏う事で、着用者を自由にしたいと考えています。
こうあるべきという堅い先入観から解放されることを目指し、毎シーズン新たな美を探しています。

Everything is beautiful.

To page top