beautiful people は、昨年没後 30 年を迎えたニューヨーク出身の写真家 Robert Mapplethorpe(ロバート・メイプルソープ)とのコラボレーションアイテムをリリースいたします。

今回のコラボレーションは、さまざまなタブーや垣根を乗り越え、現代のジェンダーレスカルチャーの礎を築いたメイプルソープ氏の開拓マインドや、ミニマルな表現の中にある徹底した細部へのこだわりに beautiful people が強く共鳴し、協業を持ちかけたことで実現しました。

「静寂と緊張」というテーマのもとでセレクトされた 4 点のモノクロ写真を、beautiful people のベーシックラインに展開したオールブラックのコレクションは、メープルソープ氏の写真とブランドのロゴがプリントされた大きなネームタグが、ゼッケンのように生地に縫い付けられていることが特徴。
写真と洋服それぞれの世界観を尊重するとともに、世界屈指の昇華プリント技術を用いて写真の質感を忠実に再現することで、オリジナルプリントへの敬意を示しています。
beautiful people ならではの表現や技法によって実現した、唯一無二のコラボレーションです。




Robert Mapplethorpe(1946-1989)

アメリカ・ロングアイランド州生まれの写真家。「植物」「ポートレート」「ヌード」「セックス」を主題に、被写体、色彩やライティングなどの細部に徹底的にこだわり、完璧な構図を追求した作品を発表。
当時タブーとされた同性愛や性的描写を多く含むなど、常識を覆す数々の挑戦を通して写真表現を更新した 20 世紀を代表するアーティストであり、現在も多くのクリエイターをインスパイアし続けている。
エイズのため 42 歳の若さで死去。2019 年には没後 30 周年として、ニューヨーク・グッゲンハイム美術館にて大回顧展『Implicit Tensions; Mapplethorpe Now』が開催された。




beautiful people とメイプルソープのコラボレーションの証として、ブランドの特徴的な表現である大きなネームタグをゼッケンのように生地に取り付ける手法を用い、さらに写真作品とダブルネームとなるロゴを一枚のタグに収めることにもこだわりました。メイプルソープとファッションブランドのコラボレーションは過去にも前例がありますが、作品とブランドロゴがこのような形で並置されるケースは希少です。 また、世界屈指の昇華プリント技術を用いて、上質な光沢感が特徴的な朱子織のネーム生地に写真を印刷することで、オリジナルの印画紙が持つ独特の光沢や陰影などを細部まで再現することができました。
look 11
look 12
look 11
look 11
look 12
look 11
look 11
look 12
look 11
look 11
look 11
look 12