世界は混乱と混沌の中にいる。
私たちは家に閉じこめられ、動くことを制限されながらも
感情は嵐のなかにいるかのように乱され動き続けている。

もしも、洋服が住居として変化したら?
もしも、洋服が感情を揺さぶる存在として、精神を高揚させつつも、
穏やかな居心地良さと安心を与えることができたとしたら?

Side-C,
普段意識することの無い、目に触れることの無い「間」は、
クラシックなものを変革的に捉え、新たな世界を切り開く。
流動的で力動的な世界。

表と裏、重なり合う生地の「間」を相互的に繋げるポケットを作り、
微粒のビーズを吹き込むことにより、動きのあるシルエットが生まれる。
座ったり立ったり身体の動きとともにビーズも動き、無限の再構成が実現する。
スカートがソファーに、スリーブはアームチェアに、ドレスはベッドに変わる。

全ては私たち本来の姿に戻るために。

理想の世界への再生を象徴するニュールックへのオマージュ;バッスルスタイルは、
消え去った時代の彫刻的な静けさを語る。
歴史の中に収められ美術館に眠っていたシルエットたちが、小さなビーズの動きによって蘇る。
おおらかに、なだらかに、情緒が溢れる。
モーションがエモーションを追いかける。

枕の形をしたヘッドピース、ベッドリネン、クッション、テーブルクロス、トワル・ド・ジュイや
ストライプパターン。
家の中に閉じ込められている今の日常をディテールに取り入れ、
室内にあるものからインスパイアされたファブリック。

無数に混じり合った異色のビーズが身体を覆い、空中を舞う様子は、まるで私たちを襲う災いのよう。
しかし、その先には最後に放つ純白の輝きの舞。
それは希望であり、喜びにあふれる再生を象徴する。
悪夢から目覚め、ナイトガウンのまま光に包まれた希望の世界に解き放れる。

全ては私たちの希望の再生のために。


The situation the world lives is discumbulating.
Like pieces in a museum, we have been stuck inside our homes,
unable to move yet endlessly moved by storms of emotions.

What if the clothing becomes our habitat?
What if what we wear entices motion and emotions,
elating the spirit while suggesting a reassuring cozyness,
the pleasurable comfort of staying inside?

Side C, the transformative look at classics that focuses on the layers and the in-betweens of clothing,
finds another dimension: a flowing, dynamic one.

By creating an interconnecting system of pockets inside the garments,
and filling them with small beads, movable silhouettes are created.
The beads flow as the body moves, sits or stands, allowing for endless reconfigurations.
A skirt turns into a couch, a dress into an armchair, only to revert back to what it was.

The bustle-like shapes - an homage to the New Look as a signifier of optimism and rebirth -
keep an appearance of sculptural poise that is fluidly and endlessly dematerialized in the use.
Silhouettes that might belong to history and as such to the cases of a museum are brought back to life,
moved by the motion of the little beads.

Volumes are big, flowing, emotive; trapped by smock and then released.
Motion follows emotions.

Domesticity is in the details : in the hats shaped like pillows;
in the bed linens, cushions, tablecloth inspiring the choice of fabrics;
in the striped patterns and the toile de jouy.

The message is one of optimism.
In the accompanying movie, beads flow everywhere,
mixed in color as to represent the spread of malaise,
only to finally glow in pure white as a symbol of hope, joy and restart.

Just like waking up in broad light after a bad dream, going out in a nightgown.

#beautifulpeople21SS