Side A : 表面、通常の着用
Side B : 裏面、裏返して着用
Side C : 表面と裏面の間、表と裏の間の袋状を利用して着用

ビューティフルピープルがSide Cと呼ぶアイデアは、表と裏の間の袋状の存在、普段は袋の内部に隠れていて意識すること無い空間に注目することで生まれた、新しい仕立ての考え方と型紙設計のアイデア。表と裏とその間の袋状の存在の 3 つの面を入れ替えて、 着 用 者 が 自 由 に Sideを 選 び 着 こなすことが出来る(*1)、構築も脱構築もコンサバもモードも全てを包括する、新しい可能性のデザインアプローチ。
洋服の表と裏の間の存在を意識する事が無いように、我々は普段、体の内側の内臓や血管の存在を意識する事や目にする事はほとんど無いというインスピレーションから生まれた、体を巡る血管の流れ、内臓の配置、筋肉の構成などを暗喩した、 体全体の大きなパネル柄のプリント(*2)テキスタイル。
人間が持つカラーだけを集めたカラーパレット(*3)で作ったオリジナルテキスタイルや、肌、産毛、髪の毛、骨、歯、瞳、内臓を暗喩する(*4)さまざまなデザイン。人の肌の色にメッキしたアクセサリー(*5)など、コンセプチュアルでありウェアラブルでもあるビューティフルピープルらしいコレクション。


*1
(No.10)・・背裏にスリットを開けて仕立てることで、後ろ見頃と背裏の間に体を通し、背裏が前に移動して表(A面)と裏(B面)が同時に見えるドレス
(No.17)・・ライナー裏にスリットを開け、表とライナーの間の袋状の部分に体を通し、表(A面)と裏(B面)が同時に見えるトレンチコート →check the movie
*2
(No.14, 25)・・人体の構造とオートクチュールドレスに見られる体のシルエットに合わせたオーナメント調の構図をクラシックな花柄に載せて作成したプリント
*3
(No.18, 28)・・裏面に共生地の配色ドレスを一体化させたコート。表とライナーの間の袋状の部分に体を通す。
*4
(No.28, 31
*5
(No.12, 22


No need to be A or B, but both or neither.
Side C is a way to look at classics that makes them look extraordinary; a way to move forward and create something new. The process is reversible rather than irreversible, fluid rather than static.
It expands possibilities by actively involving the wearer, as shapes change along with use.

The interiors of the garments are the focus of the attention. What is normally hidden comes to the front. The body finds a new place, standing between the lining and the garment, as the back linings are peeled and worn, and the side seams are left open to let interior and exterior flip.

An interplay of restraint and indulgence, of covering up and revealing, for transformative pieces that can be interpreted in countless ways. The silhouette is long and fluid: coats, trench coats, dresses, knits draw a restrained long line that lets the body to be felt and the skin be seen. Floral and vegetal motifs are printed all over dresses or turned into jacquards on knitwear, following the patterns of what is generally hidden: the circulation and muscles systems, the internal organs. The invisible becomes visible, morphed to side C.

Body and dress become one, in infinite ways.
Transformation as the essence of life.
No need to be this or that, but both, or neither.
look 01
1
look 01
1
look 02
2
look 02
2
look 03
3
look 03
3
look 04
4
look 04
4
look 05
5
look 05
5
look 06
6
look 06
6
look 07
7
look 07
7
look 08
8
look 08
8
look 09
9
look 09
9
look 10
10
look 10
10
look 11
11
look 11
11
look 12
12
look 12
12
look 13
13
look 13
13
look 14
14
look 14
14
look 15
15
look 15
15
look 16
16
look 16
16
look 17
17
look 17
17
look 18
18
look 18
18
look 19
19
look 19
19
look 20
20
look 20
20
look 21
21
look 21
21
look 22
22
look 22
22
look 23
23
look 23
23
look 24
24
look 24
24
look 25
25
look 25
25
look 26
26
look 26
26
look 27
27
look 27
27
look 28
28
look 28
28
look 29
29
look 29
29
look 30
30
look 30
30
look 31
31
look 31
31
Review

パリ5回目の発表となるコレクション。
Side C- vol.2 と題し、前回に引き続き、洋服の表地と裏地のその間にある空間の袋状になった内部に注目し、洋服の裏にスリットを開け、表と裏の間に体を通すことで生まれた新しいシルエットを提案したコレクション。

表裏一体のレコードのA面とB面の間に新しいC面(Side C)があるのでは無いか?というテーマを元に、通常の洋服は表裏一体で体を包むが、ビューティフルピープルは通常、意識する事の無い洋服の表と裏のその間の空間(Side C)を露わにするために表裏一体の洋服を剥がし、その間に体を通すことで生まれたユニークなシルエットを中心に構成されたコレクションになっている。