2021 WINTER PARIS | beautiful people
 

Fall/Winter 2021 PARIS Collection Side-C Vol.6

DOUBLE-END

Self-Love Movie

Side-C,

the transformative look at classics that focuses on innovative pattern making using comflicting ideas into one in order to offer multiple ways to wear and interpret garments.

Side-C とは

クラシックを変革させることを可能とするビューティフルピープルの独自のデザインコンセプトで 相反する物を共存させるためのデザイン技法やプロセス。

The world has turned upside down. We’ve all been stuck in our homes, by ourselves, looking in the mirror to probably find another self, while still being who we are. What was normal, no longer is. What felt possible is now impossible. And yet also, what felt impossible is now possible. What if clothing has turned upside down, too? What if there is a way to use pieces in both ways, like a double-ended marker pen? What if we can flip clothes upside down like looking at them in a double end mirror? Side C, the transformative look at classics that focuses on innovative pattern making in order to offer multiple ways to wear and interpret garments, finds a further new dimension: a vertical one, in which top and bottom can be both used, switching from one shape to the other in the flip of the axis. By working simultaneously on construction and deconstruction, items turn 90°, 180°, 270° to form new silhouettes and shapes that can be used both ways. Function stays, shape mutates. A cape becomes a fishtail dress. A down ruffled dress turns into a down opera coat. A map appears on a coat: an indispensable aid to navigate a world turned unfamiliar. Air force jackets become navy ones. Check patterns have up and down directions. A Gustave Verbeek drawing on a knit sweater has fish swimming against gravity. Wisteria and willow flower motifs migrate from summer to winter. Masculine and feminine collide. Hats can be flipped, too. Volumes are flowing, liquid and endlessly reconfigured, both ways. Nods at 50s couture signify optimism, imbued with the will to offer a new point of view on classic garments. In the accompanying movie, the screen is split, like the model was looking at herself in the mirror. What happens on one side is the reverse of what happens on the other: the same clothes and the same model are different, yet the same, in an escalation of outward theatricality. Looking at things upside down, and downside up, to find a new perspective and a new balance.
日常はひっくり返された。 家の中に閉じ込められ、鏡の前で多くの時間を過ごす日々。 当たり前だった事が出来なくなり、出来ない事が当たり前になる。 ノーマルとは何でしょうか? ニューノーマルとは本当にニューノーマルなのでしょうか? ある日、鏡の中のもう一人の私から、私は以前の私のままではない事を告げられる。 もしも、両端使いのマーカーのように服が着られたら? もしも、ダブルエンドの鏡のように服の上下をひっくり返して着られたら? もしも、それが可能になれば、もしかしたら、世界はひっくり返るかも知れない。 Side-C とは相反する物を共存させるためのデザイン技法とプロセス。 それはクラシックなものを変革的に捉え、見た事もない新たな世界を切り開く。 脱構築と構築、破壊と修復を同時に行う中で 上と下の間に存在する点と軸を見つけ、新たな可能性を探る。 90 度。180 度。270 度。くるっと回転させて 機能を維持しながらもフォルムが劇的に変化する両端使いのコレクション シルエットやボリュームも絶えず変化し、ダブルエンドは無限に続く。 グスタヴ・ヴァーベックが描いたイラストレーション、人は大きなナマズを捕らえながらも同時に巨大な鳥に捕らわれる。 1950 年代のオートクチュールのポジティブなオマージュでクラシックが蘇る。 ケープがフィッシュテールに変わり、襟はペプラムフリルに変わる。 フリルドレスがオペラコートに変わり、フライトジャケットがデッキジャケットに変わる。 四季は逆転し、撫やかに流れる藤や柳も逆立ち、夏の花に雪が積もる。 やがて、見慣れた地図も不慣れな場所に不可欠な新しい地図となる。 透明な鏡にも見える何かに分断された世界で、私は自己陶酔も自己嫌悪も抱えながら、鏡の中のもう一人の私を見る。 以前と同じ服を着た以前と同じ私。だけどもう、鏡の中の私は以前と同じ私に見える事はない。 私は物事を正からも逆からも同時に見る。 結局はどちらが正なのか逆なのか、わからなかったけれど 新たな術(すべ)は見つけられたのかもしれない。
Creative Director HIDENORI KUMAKIRICast AI TOMINAGA KOVICH [Tokyo Rebels, Inc.]Producer / Art Director MASAAKI KUROYANAGI [Park Sutherland] Director / Director of Photography TAKAHIRO IGARASHI [520, SIGNO] Stylist HANNES HETTA [Art + Commerce]

#DOUBLEEND #bpFW21