21 Fall_experimental project_02 | beautiful people

beautiful people
21 Fall / experimental project

日本のクラフトマンシップを結集し

新しい服作りを提案するbeautiful peopleが

創立 72 年を誇る国際的な試験・認証機関

「ケケン試験認証センター」の全面協力のもと

拘りが詰まったオリジナルテキスタイルの特徴を

それぞれ数値化し、比較しました。

THE/a chino vs 20Fall Chino Pants
今回の品質検査では、今季リニューアルした「THE/a chino」と旧型の「20Fall Chino Pants」を比較分析しました。

【耐久性】

耐久性(耐摩耗性)とは、長く持ち堪える力のことで、壊れにくさに加え、着用や洗濯を繰り返しても新品同様の性能・形を維持することを指します。
耐久性を測定するには「摩擦試験」を行います。多方向・または一方向に機械を継続的に動かし、生地が破壊されるまでに何回の回数がかかったかで評価していく方法です。

【測色機】

分光測色計を用いることで、繊維製品の色を数値として定量化します。
また、基準品と比較品の微妙な色の違い(色差)を数値で評価することができます。そのため、見る人や場所、光源に左右されずに色を正確に伝え、判別し、比較することが可能になります。

【引き裂き強さ】

生地の引き裂かれる動作に対して強度を計る試験です。生地自体の強度を調べる引張試験とは異なり、生地に部分的にちぎるような力が加わった時の強度を調べる事に適しています。⁠

チノ生地の比較

※1 Yはベージュの生地で試験したため、この結果になります。
※2 黒の生地で試験しました。

<試験結果>
新しい定番チノパンツであるTHE/a chinoは、20Fall Chino Pantsと比べ、生地の滑らかさ、膝抜けのしづらいと耳ネームの強度、どちらも改善されました。

THE/a trench coat vs 旧定番Trench Coat
今回の品質検査では、今季リニューアルした「THE/a trench coat」と「旧定番Trench Coat」を比較分析しました。

【耐摩耗、KES測定】

⁠織物及び編物が擦られる動作に対してどれだけの耐久性を持っているかを計る試験です。⁠⁠
摩耗強度が低い生地は、着用時に擦り切れや変色などの問題が発生しやすくなってしまいます。⁠⁠ 試験では生地が擦り切れるまでの強度を測定するものの他、変退色や起毛の喪失など外観変化を測定するものもあります。

【重さ測定】

左:THE/a trench coat、右:旧定番Trench Coat
新型はよりハリ感のある生地であるため、やや重くなりますが、体感には大きく変わりません。

新旧トレンチ
比較

<試験結果>
・THE/a trench coat:生地の滑らかさと撥水性が特長の素材。リニューアルにより撥水性がUPし、よりハリ感のある生地に仕上がりました。
・旧定番Trench Coat:生地の滑らかさと軽さが特長の素材。

SHOP ALL ITEMS

SPECIAL THANKS :
ケケン試験認証センター